2009年09月26日

ただいま

岩手から帰って来ましたぴかぴか(新しい)

もちろん仕事のために行ったのですが
メンバー4人全員が初めての岩手だった事もあり
本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました晴れ




今回のお仕事は
全東北民謡選手権大会という
東北6県の各局から選ばれた方々の中から
グランプリを決める大会で、
師匠成世昌平と、私たちは
ゲストとして呼んでいただきました。


私たちは「雨ニモマケズ」、「ナミダグサ」
の2曲を歌わせて頂きました。

宮澤賢治さんの出身地である岩手で
「雨ニモマケズ」を歌うのはとても緊張しましたが、
とても嬉しかったでするんるん


東北民放6局ではO.Aありますので
東北地方にお住まいの方は
ぜひご覧になってください揺れるハート




そしてそして・・・

今回の岩手の旅では


おいしい海鮮料理を食べたり黒ハート

花巻の素敵な温泉旅館に泊まったりいい気分(温泉)

念願だった宮沢賢治記念館にも
行くことが出来ましたかわいい



CIMG0954.JPG
マグロの中落ち黒ハート
初めてこんな食べ方しましたexclamation×2
スプーンですくって
ゼリーみたいにぷるぷるしたマグロちゃんハートたち(複数ハート)
めちゃめちゃおいしかったですぴかぴか(新しい)




CIMG0957.JPG
これは食べられる”ホオズキ”
オレンジ色の食べられないほおずきは
何度も見たことがありましたが
食べられるホオズキは初めて!!


CIMG0961.JPG
初めての宮沢賢治記念館は、
感動や驚きの連続でした。

この宮沢賢治記念館は
非常にリピータが多いのだそうです。

それは、
年齢を追うごとにつれて
見学に来る人々のとらえ方も
変化するからだそうです。

小学生は小学生なりの感じ方をし
大人になってからはまた違った
捉え方をすることができる。

どう感じるかは
人それぞれなのですね。

また賢治さんは好奇心の塊のような人だ
と館長さんはおっしゃっていました。


文学は当然、
天文学や物理学、音楽や美術
他にも様々な分野において
すぐれた才能を持っておられたそうです。


賢治さんの作品や生い立ちを
知ることができ、
本当に良い経験となりました。


また絶対に行きたい
そう強く感じました。


CIMG0965.JPG
記念館の傍には
こんなお店が。

賢治さんの作品の中でも
「注文の多い料理店」
はすごく好きだったので
めちゃめちゃテンション上がりましたexclamation×2

また店内の至る所に
「注文の多い料理店」の中に出てくる一節が
飾られており、
本当に作品の中にいるような気持ちになりました。



改めて宮沢賢治さんの作品を
読み返してみたいと思います。






3日間で
岩手が大好きになりました。


岩手でお世話になった方々に
心から感謝です揺れるハート


黒ハート黒ハート黒ハート黒ハート黒ハート


posted by グリグリ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Green2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。